2016年11月19日

娘は誰にもやらん 第3版(数寄ゲームズ版)の変更点について


 開発中の男カードのラフ画像。100点だけ2種にしましょうか? という検討もありました。製品版では1種です。


 先日「娘は誰にもやらん」のルールを公開しましたが、今回は以前からの変更点についてちょこっと触れたいと思います。

 今回、秋ゲムマに出展する第3版は、第2版からルールの変更点がちょこっとあります。これは以前の版を遊んだ方なら「あれ?」っと感じたと思うのですが、「娘の隠し属性カード」の取り扱いに若干の変化があります。
 さっくり言えば、第3版では『ゲーム開始時に「娘の隠し属性カード」を自分を除く全てのプレイヤーに公開する」としています。

 2012年の第2版ではマニュアルには記載されていない追加ルールがメサイア・ワークスさんのブログに公開されていまして、それが「ご近所のウワサ」という追加ルールです。

http://www.messiahworks.com/archives/1524

 これは「ゲームの開始時に自分の『娘の隠し属性カード』を両隣のプレイヤーに見せる」というものです。第2版のバニラルールではこの「娘の隠し属性カード」の情報は非公開のまま、ゲームが終了した時点で全員が公開するという流れだったのですが、追加ルールの適用で「娘の隠し属性カード」の情報がもう少し詳らかになるようになりました。

 さらに遡ると、第1版ではコルクのカード立てが付属していまして、当時の「娘の隠し属性カード」の情報は常時公開されていたそうです。なので第1版と第2版でも情報の扱い方には若干の違いがあったりします。
 ということで、第3版の「娘の隠し属性カード」の扱いは第1版と第2版の中間というような形になります。第1版よりも記憶力が試されるゲームではありますが、第3版では「娘の隠し属性カード」と「男カード」の背景色を結びつけているので以前よりも「娘の隠し属性カード」を意識したプレイングができるのではないかと思います。

   
 だめんず'sは背景を灰色で統一。

 あとは第2版にはなかった2人用ルールなんですが、これも第1版で実装されていたものが第2版の仕様変更でなくなり、第3版で復活という流れです。なので第3版のカード構成・ルールは主に第1版に準じるという感じですね。

 カード構成的には6人対応になって何が変わったかと言えば、「娘カード」が増える点が注目でしょうか。今回は新キャラとして金髪娘「キャサリン」が追加されました。……なんというか、なかなかドラマチックな家庭環境を想像させてくれますね。

posted by 円卓P at 00:50| Comment(0) | 娘は誰にもやらん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

「娘は誰にもやらん」制作記録 数寄ゲームズから再販することになったワケ


 こちらは旧版(2012年第2版)のパッケージイラストです。当時はキャラメル箱でしたが、今回の第3版は組箱になります。

 「娘は誰にもやらん」は2012年の春にメサイア・ワークスさんが初版をお手製で製作し、これが好評を博したことからその秋のゲムマで第2版が製作されました。となれば第3版の製作はメサイア・ワークスさんが直接するのが普通の流れです。ただまあ、実際はそれから4年の空白が過ぎて、この秋に数寄ゲームズ名義で第3版が製作されることになりました。「こりゃ一体どういうことじゃろな?」と首を傾げる方も少なくないのではないかと思います。

 まあ、言ってしまえばその辺は「諸処の事情による」の一言で片付いてしまうアレではあるんですが、今年の7月、最初にぼくがメサイアさんに「再販はしないんですか?」とお聞きした際に最初に返ってきた言葉は「在庫リスクの問題が大きい」ということでした。
 これは実際にゲームを作ってみたことがある方なら頷いて貰えるところだとは思うんですが、少なくないお金を出して大量のゲームが自宅に鎮座まします光景はあんまり愉快ではないワケで、挑戦には相応の勇気、時間、そしてお金が必要だったりします。
 そんじゃまあ、そのリスクをぼくが引き受けたらどうでしょう? とお聞きしたら、「再販を希望される方はこれまでにもいたけれど、そういう申し出は初めてです」と言われました。そりゃそうだよなあ。
 ぼくとしてはこのゲームを遊ぶための最も建設的な提案がこれだったと言いますか、在庫リスクが解決することで再販が現実的になるのであれば、それは手としてアリなんじゃないの、という考えから申し出てみた次第です。
 ただ、実際にその辺がクリアになったとしても、それで全部の問題が解決するワケではありません。在庫リスクなんてのはあくまで諸問題のうちの一つでしかないんですよね。

 その中で最も大きい課題はゲーム製作のスタンスでしょう。要するに「自分はなぜゲームを作るのか?」という理由づけです。多くの人はゲームを作る行為自体に様々な醍醐味を見出しているはずです。「自分が作ったゲームを多くの人に遊んで欲しい」という人もいれば「たくさんゲームを売って儲けたい」という人もいるでしょう。「ゲームで取り上げたテーマをみんなに知ってほしい」という人もいるでしょうし、「仲間と一つのものを作り上げるのが楽しい」という人もいるでしょう。そこには様々なスタンスが存在します。
 なので、横からポッと出てきた人間が「リスクは全部こっち持つから再販やらせてよ」なんて言ったところで、それがデザイナーの方の思想信条と合致しないのであれば企画としては成り立ちません。それはまあ、ぼくとしても重々理解していたので、断られて当たり前、ダメで元々で聞いてみた次第です。……いやあ、マジメな話、よく承諾して貰えましたねw
 特にメサイアさんはアマチュアリズムを大事にする気風の方で、「個人的には300円で販売したいんです」なんてことも仰っていました。今のゲムマではそういった手作りのゲームは殆ど見受けられないようになりましたが、メサイアさんが参加してた2012年頃はそれほど珍しいものではなかったんですよね。まだゲムマが浅草で開催されていた頃です。
 なので、そこから「販売価格はどうするの?」という話題に及ぶのは自然な成り行きではありました。回答としては、仕様次第と言いますか、従前のイラストを使うのであれば抑えられるでしょうし、新規に起こすのであれば膨らむでしょうと、まあ、面白みのない返答をしてw イラストに関してはこれまではメサイアさんの奥さんが描いていたのですが、メサイアさんご自身もそれを気に入っているそうなので、今回もそうするのかなーという雰囲気がその時はありました。
 結局そこはどういう形で再販をするか、当時のままで出すのか、もう少し手を加えるのか、その辺も含めてメサイアさんの希望はどうでしょうか、というところから固めて行かなければなりませんでした。まあ、そうしたゴール地点の確認がまずは最初に来るワケです。

 というところで、メサイアさんには1回この件を持ち帰って貰いました。再販をするのかどうか。新規作業が発生するのかどうか。有り体に言えば企画の規模をどの辺に設定するのか、その上でGoサインを出せるのかどうか、ということです。
 返答があったのは3日後…… というか、ぼくがDMを見落としていて、実はもっと早く結論が出てたみたいなんですが。
 どうもメサイアさんが奥さんにかけあったところ、イラストを一新してもいいんじゃないの、ということになったらしく。第3版ではイラストを改めましょうということになりました。そうなると誰に頼むのかという話に当然進むので、「えー、じゃあ鍋野さんに聞いてみます」という風にぼくはお答えしました。鍋野さんの作風はこのゲームの空気感にマッチしてますし、これまで何度かイラストをお願いしていることもあってやりやすい間柄ということもありました。鍋野さんからも快諾を頂けて、ここでようやく「娘は誰にもやらん」の再販企画が立ち上がったということになります。

 でまあ、イラストを一新しつつも価格はメサイアさんの希望から1000円で行きたい、と大枠の部分が固まって、それじゃカードがこうでこうでこうで…… ああ、これは手作業がめっちゃ増えるヤツだな…… と目算を立てたりもして。
 実際のところ、この企画の座組ではゲームデザインがメサイアさん、イラスト・グラフィックデザインが鍋野たまさんで、制作に関してはこのお二方がいれば成立します。さらにメサイア・ワークス側と言いますか、メサイアさんの奥さん、海月ひとでさんが新規イラストに関してはチェックを入れ、鍋野企画、鍋野ぺすさんがゲーム全体に関するアドバイザー的な役割を果たしていたので…… あれ、ぼくやることないんじゃないの? という状況もしばし。初期の段階でのぼくの仕事はここまではお金出せるけど、ここからは勘弁して、みたいな財布の紐を調節する役割でした。
 まあ、ぼくの役割は製造・広報・流通と言った裏方の仕事がメインで、これは入稿データが完成して印刷が始まってからが本番という立ち位置になります。なので今はこうしてブログを書いたり箱詰めしたりしてるんですが、こういう体制下でのゲーム作りというのは未経験だったこともあり、作業中は立ち位置を掴むのに四苦八苦していたような印象があります。
 ともあれ、こんな感じでこの企画は動き出したのでした。
posted by 円卓P at 21:04| Comment(0) | 製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

解説! 「娘は誰にもやらん」ってこんなゲーム



 メサイア・ワークスさんデザインの「娘は誰にもやらん」を秋ゲムマに出展します。イラストは「どっちの始末Show」から引き続き鍋野企画の鍋野たまさん。今回イラストを一新しての出発となります。
 この企画に関しましては、まずぼくが「遊びたい!」と思ったのが発端でして、メサイアさんに「再販とか予定あるんですか?」とお聞きしたところ「諸処の事情により難しい」とのご返答を頂いたので、それじゃウチで面倒なところは肩代わりするんで再販やりませんか、というやりとりから始まりました。
 「どっちの始末Showの時」に「パブリッシングも手がけたい気持ちはあるよ」なんて言ったんですが、まあ、これは割とマジメな気持ちでして、今回の「娘は誰にもやらん」がまずはその端緒ということになります。
 今回の版は正確には第3版と言うべきもので、おそらくは一番遊ばれている第2版をベースに対応人数の変更とちょっとしたルールの変更が含まれています。6人対応のためにカード枚数も増えました。あれやこれやと意見を交えながら完成させた版ですので、どうかよろしくご愛顧頂ければと思います。

ゲーム概要

結婚…… それは人生最大の選択。
次々に現れる男性は、果たして娘の伴侶に相応しいのか?
あなたは娘の父親となってそれを判断しなければなりません!
時には黒いウワサにまみれた男が娘に近づいてくることもあるでしょう。
その時はおもむろに叫ぶのです。「娘は誰にもやらん!」と。

しかし、忘れてはなりません。
あなたが真に目指すべきは愛する娘を幸せに導くこと。
せっかくのご縁を遠ざけていると
あなたの娘一人だけが嫁き遅れてしまうかもしれませんよ……?


「娘は誰にもやらん」は、娘の結婚をテーマにしたカードゲームです。

かわいい血を分けた(?)娘がそれぞれ1枚ずつ配られます。

各プレイヤーは愛する娘を幸せに導くことを目指します。
そのための要素は以下の4つ。

結婚の価値は男で決まる! 「男カード」による素点。
 

しかし、その男は○○だった! 「男の黒い噂カード」による減点。
 

さらに、お父さんも知らない娘の素顔! 「娘の隠し属性カード」によるボーナス点。
 

ついでに、他所の縁組に貢献したら貰える「成婚カード」の得点の合計で勝負します。


手番プレイヤーは男カードの山札から1枚をめくり、
未婚の娘を持つプレイヤーに「こちらの男性はオススメですよ?」と結婚を勧めます。

それがアラブの大富豪だった日にはYESと即断を下すところですが、
ここからがこのゲームのいやらしいところ。

他のプレイヤーは、求婚者に対して
「男の黒い噂」カードをいつでも好きなだけ投げつけることができるのです!

   
理想の男性があっという間に人間のクズに……
それでもこの男性が娘の伴侶に相応しいのかどうか。
あなたはよくよく考えなければなりません。

そしてゲームは山札が尽きるか、誰か一人を残して結婚が成立するかで終了します。
そう、娘のうち一人は必ず嫁き遅れてしまうのです。
ああ、結婚とはまさに人生のチキンレース……
用意されたチャンスは決して多くはありません。

しかし、ゲームはまだ終わっていません。
最後に公開される「娘の隠し属性」!

イケメンゲットかと思いきや、実は娘の趣味ではなかったり……
 

結婚しなくてもパパさえいればそれで幸せだったり……


他人に揶揄される結婚でも、娘が幸せならそれでOKなのです!
 

「娘は誰にもやらん」はそんな結婚の喜悲劇を描いたゲームです。

おまけ:鍋野さんのゲーム紹介マンガ(クリックすると拡大サイズが見れるよ)


あひるホイッP製作のニコマス動画。


娘は誰にもやらん
プレイ人数:2〜6人
プレイ時間:10分
対象年齢:10才〜
価格:イベント価格1000円
ゲームデザイン:メサイア・ワークス
グラフィックデザイン:鍋野たま

内容物
カード 61枚
・娘カード 6枚
・男カード 20枚
・男の黒い噂カード 20枚
・娘の隠し属性カード 10枚
・成婚カード 5枚
マニュアル 1部
posted by 円卓P at 20:06| Comment(0) | 娘は誰にもやらん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする