2017年08月08日

コプラスの「連続手番」に纏わるルールの明確化について

 先日発売しましたコプラスのルールに関して疑義が寄せられましたので、その回答を記載します。

・「連続手番」の使用回数について
 連続手番は1ゲーム中で使用可能な回数が決まっています。連続手番を規定回数行った後、規定のマスに再度止まったとしても連続手番を行うことはできません。
 この部分について現行の説明書には明確な記述がなかったので、ルールの明確化のために説明書の記述を改めました。以下が該当部分となります。

なお、「連続手番」は1ゲームで使用できる回数に制限があります。よって「連続手番」を規定回数使用した後、さらに規定のマスに止まったとしても制限を越える回数の「連続手番」をおこなうことはできません。
「連続手番」の使用制限は、1番手と2番手は「1回」、3番手と4番手は「2回」です。


・3人プレイでの連続手番の使用回数について
 現行の説明書には『・「連続手番」の使用制限は1番手(先手)が「1回」2番手(後手)が2回です。』と記述されています。後段の「それ以外のルールは4人プレイと同じです。」という記述と合わせて、3番手の「連続手番」の使用制限は2回となります。
 ルールの運用としては正しいのですが、誤解を招きやすい記述ではありましたので、ルールの明確化のために説明書の記述を改めました。以下が該当部分となります。

・「連続手番」の使用制限は1番手(先手)が「1回」 2番手と3番手が「2回」です。

 上記の2点に関して記述を改めた説明書のPDFを用意しましたので必要な方は印刷してご利用ください。
coplus rule-02 vol.1.2.pdf

 また、東京ボードゲームコレクションで販売するコプラスですが、時間的な問題もありまして旧説明書での販売となります。今回の件はルールのエラッタではなく明確化なのでプレイに支障をきたすほどではないという判断です。よろしくお願いします。
posted by 円卓P at 20:03| Comment(0) | コプラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: