2016年11月19日

娘は誰にもやらん 第3版(数寄ゲームズ版)の変更点について


 開発中の男カードのラフ画像。100点だけ2種にしましょうか? という検討もありました。製品版では1種です。


 先日「娘は誰にもやらん」のルールを公開しましたが、今回は以前からの変更点についてちょこっと触れたいと思います。

 今回、秋ゲムマに出展する第3版は、第2版からルールの変更点がちょこっとあります。これは以前の版を遊んだ方なら「あれ?」っと感じたと思うのですが、「娘の隠し属性カード」の取り扱いに若干の変化があります。
 さっくり言えば、第3版では『ゲーム開始時に「娘の隠し属性カード」を自分を除く全てのプレイヤーに公開する」としています。

 2012年の第2版ではマニュアルには記載されていない追加ルールがメサイア・ワークスさんのブログに公開されていまして、それが「ご近所のウワサ」という追加ルールです。

http://www.messiahworks.com/archives/1524

 これは「ゲームの開始時に自分の『娘の隠し属性カード』を両隣のプレイヤーに見せる」というものです。第2版のバニラルールではこの「娘の隠し属性カード」の情報は非公開のまま、ゲームが終了した時点で全員が公開するという流れだったのですが、追加ルールの適用で「娘の隠し属性カード」の情報がもう少し詳らかになるようになりました。

 さらに遡ると、第1版ではコルクのカード立てが付属していまして、当時の「娘の隠し属性カード」の情報は常時公開されていたそうです。なので第1版と第2版でも情報の扱い方には若干の違いがあったりします。
 ということで、第3版の「娘の隠し属性カード」の扱いは第1版と第2版の中間というような形になります。第1版よりも記憶力が試されるゲームではありますが、第3版では「娘の隠し属性カード」と「男カード」の背景色を結びつけているので以前よりも「娘の隠し属性カード」を意識したプレイングができるのではないかと思います。

   
 だめんず'sは背景を灰色で統一。

 あとは第2版にはなかった2人用ルールなんですが、これも第1版で実装されていたものが第2版の仕様変更でなくなり、第3版で復活という流れです。なので第3版のカード構成・ルールは主に第1版に準じるという感じですね。

 カード構成的には6人対応になって何が変わったかと言えば、「娘カード」が増える点が注目でしょうか。今回は新キャラとして金髪娘「キャサリン」が追加されました。……なんというか、なかなかドラマチックな家庭環境を想像させてくれますね。

posted by 円卓P at 00:50| Comment(0) | 娘は誰にもやらん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: